私の知らない埋もれたボーカロイド曲の発掘サイト

まるで今のニコニコ動画「砂の惑星」

2018/09/15
 
初音ミク サムネイル
この記事を書いている人 - WRITER -
フリーのライターさんに投稿していただきました。 記事を書きたいという気持ちのある方はお問い合わせからご連絡ください。

まるで今のニコニコ動画「砂の惑星」

 

今のニコニコ動画を表してるのか

かつて筆者もニコニコ動画のボカロ界隈にとても注目しておりボカロ全盛期では多くの作曲者さんが中毒性のある曲を作り出していました。
J-POPよりもボカロ!
カラオケでもたくさんのボカロを歌っていきました。

ところが今やニコニコ動画は二の次…投稿者がどんどんと投稿をやめていき今やYouTubeで活動される方が多くなる次第です。

過疎化したニコニコ動画…
もしかしたらそんな雰囲気を伝えたかったかもしれませんね。

曲調は全体的に物静かですがどこか裏で脈動しているような…歌詞も色々考えさせられる…
今回ご紹介する曲は「砂の惑星」です。

 

どんな曲か

作曲者はハチ氏、音楽業界では米津玄師さんとしても活躍されている超大物です。
ボカロ代表作では「マトリョシカ」「パンダヒーロー」「ドーナツホール」なども聞いたことある名前ではないでしょうか。

この曲は暗めですがどこか独特な雰囲気があります。
ですが軽快なリズムで歌いやすく口ずさみやすいのではないでしょうか。

 

歌詞について

イェイ今日の日はサンゴーズダウン
つまり元どおりまでバイバイバイ
思いついたら歩いていけ
心残り残さないように

イェイ空を切るサンダーストーム
鳴動響かせてはバイバイバイ
もう少しだけ友達でいようぜ今回は
??

元通りまでバイバイ、やはりボカロ全盛期に戻って欲しいという意味が込められているのでしょうか。

空を切るサンダーストーム…など力強い表現などがありますがやはりビビっとくるような力作を待っているとも捉えられます。

このような悲しげな意味を暗めな雰囲気…しかしどこか明るみが見えるような…そんな曲調に乗せて独特な味わいを見せています。

筆者もこの曲を聴いてどこか悲しくなりました。
しかし筆者自身ボカロは大好きなので埋もれてほしくないですね。もっと何かキッカケが生まれてどんどん進化していって欲しい…そんな願いがあります。

ボカロ界隈としてもターンポイントとなったこの曲。
是非聴いてみてはいかがでしょうか。

 

あなたも記事を書いてみませんか?

今回の記事は木匙(こさじ)さんに書いていただきました。

近年ブイチューバ―の存在や、多様なコンテンツにより勢いが弱ったボーカロイドですが、かつては影響されたファンや音楽活動に精進している方もまだまだいますので応援できる場になればと思っています。

是非記事を書いてみたい方やイラストを載せてもらいたい方は連絡ください。

連絡先→Twitterまたはお問い合わせページより

The following two tabs change content below.

free

フリーのライターさんに投稿していただきました。 記事を書きたいという気持ちのある方はお問い合わせからご連絡ください。
この記事を書いている人 - WRITER -
フリーのライターさんに投稿していただきました。 記事を書きたいという気持ちのある方はお問い合わせからご連絡ください。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© Vocalooo , 2018 All Rights Reserved.