伝説的悲恋を歌う「愛哀物語」

初音ミクサムネイル用イラスト 楽曲紹介

愛哀物語

第二次世界大戦やら大日本帝国期の日本を描いた名曲はボカロ界にも数多くあれど「古事記」を歌にしちゃった楽曲は初なんじゃないですかね?

はい! そんなわけでお菊と一緒にyoutubeでの楽曲紹介を始めた希鳳です。今回紹介いたしますのは処女作にして初ジャンル、古事記をモチーフにした「愛哀物語」でございます。素晴らしい完成度のMVとミクの美しく歌い上げる古事記をお楽しみください!

youtube版はこちら
https://youtu.be/F9Gw4y1GyTI

曲/詞:まみよ 編曲/MIX:杉原亮 動画:びーすけ 絵:あず紗

古事記に描かれる悲恋

そもそも古事記とはなにか。

古事記とは日本最古の歴史書のことでございます。伊邪那美と伊邪那岐の悲恋が描かれることで有名な書物ですね。大体中学生くらいの歴史やら古文の授業で習いますよね。

この話を紐解く、というか少し調べるとすぐ出てきますので皆さん分かるとは思うのですが、いろんなゲームのキャラクターとして描かれることの多い伊邪那岐と伊邪那美の元ネタが古事記という事です。

かみ砕いて言いますと、日本の生みの親がこの二人で、死んでしまった伊邪那美に一目会いたいと、当時現世と繋がっていた黄泉の国(所謂あの世)に行った伊邪那岐が変わり果てた姿の伊邪那美を見て逃走。現世に戻ってすぐに黄泉の国へとつながる場所を封じたという話です。

今回の楽曲ではその二人の悲恋の顛末を描いています。題材がすごいですよね、発想が素晴らしくてかなり目を引くものでした。

作品の高い完成度

まず素晴らしいのはその完成度でしょう。

歌詞もわかり易くまとめられており、曲もROCK調で聞きやすく、疾走感が気持ちの良い楽曲でした。イラストも美しく、見応え聞きごたえ共に素晴らしい楽曲です。

これぞ正に神曲といった感じでしょうか。ボカロ曲初挑戦とのことですが、これはなかなかかっこいいものでした。

色々な楽曲を雑食に聞き漁る中で、この楽曲の高い完成度と、日本最古の悲恋ともいうべき古事記をここまで美しく艶やかに歌い上げる「愛哀物語」の魅力は群を抜いています。一度聴くだけで古事記に興味が出ますし、ROCKとして聞いても楽しめる、一度で二度美味しいという感覚ですねw

古事記projectという事で、次の作品にも期待が膨らみました!

まみよ様

投稿者のまみよ様についてですが、歌ってみたを数多く投稿されている方のようで、この「愛哀物語」をセルフカバーしておりました。

素晴らしい歌声に圧倒されますね。かっこいい歌声で曲とのマッチングも素晴らしいの一言です。是非こちらも一度聞いていただきたいと思います。

歌えて、曲も作れるP様って、やっぱかっこいいですね、うらやましい……。

最後に

まみよ様に一言「素晴らしい楽曲をありがとうございました。古事記を曲にするという発想や、動画そのものの完成度がとても初投稿とは思えないほど素晴らしく、聞き入っておりました。古事記projectという事で、次の作品がどのようなものになるのか非常に楽しみです!! 心から応援しております!!」

コメント

タイトルとURLをコピーしました